自分を変えるために必要な読書時間

自分を変えるために必要な読書時間

本を読んでいる人

 

辛い毎日を変えることは、それほど難しいことではありません。

 

一人で考えるからますます辛くなるのであって、過去に同じような体験をした話を聞くことで、少しずつ気持ちが楽になるものです。

 

ですが、それ以上に効果があるのが読書です。

 

読書といっても、小説を読めばいいというわけではありません。

 

心理学に精通した人や人生経験が豊富な人が書いたような本が効果的でしょう。

 

では、自分を変えるために必要な読書時間はどれくらいでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

必要な読書時間

 

読書時間は、1日30分から1時間ずつぐらいでいいです。

 

読書をすると言っても、仕事を休んだり学校を休んでする必要はありません。

 

読書好きの人や、1日1冊以上本を読む習慣がある人でも、毎日3時間も4時間も読書には時間をかけていません。

 

せいぜい、30分から1時間くらいではないでしょうか。

 

30分から1時間は、ある程度忙しい生活をしている人でも、作り出すことが出来る時間だからです。

 

たとえば、会社や学校の行き帰りの電車の中にいる時間を読書の時間に充てれば、30分から1時間ぐらいは捻出することが出来ますね。

 

本は全部読むべからず

合理的に読書時間を作るためには、通勤時間帯や通学時間帯を有意義に読書時間に充てるのも一つの方法ですが、限られた時間の中でどこを読んだらいいかを知ることが大事になります。

 

読書をする場合には、すべてを読む必要はありません。

 

実際に本の中で、あなたが欲しいと思っている重要なことが書かれているのは、せいぜい20パーセント程度です。

 

この裏を返せば、残りのおよそ80パーセントはさして自分を変えるためには、重要でないということになります。

 

最初から、20パーセントをすべて見抜くことはなかなか難しいですが、ある方法を使うことで簡単に見抜くことができます。

 

それは、目次だけで判断することです。

 

特に本を何冊も読んでいるとわかりますが、本の前半の方が本の後半よりも内容が濃いことや、重要なことが書かれていることが多いのがたいていの本の特徴です(小説などは除く)。

 

そう考えると、前半部分の目次を重点的に探せば、限られた時間でより濃い読書をすることが可能になります。

 

スポンサーリンク

 

読み飛ばした部分は無駄?そんなことはありません

読書で2割を重点的に読み、8割を読み飛ばすとなんだか損した気分になる人も多いはずです。

 

弁当を買って食べたけども、2割だけ食べて8割は捨てたり人にあげるような感じに思えるかもしれませんね。

 

ですが、それだけ余分な部分をそぎ落とした方が、時間を短縮できて得ですし、それを毎回の読書で続けることで、より多くの必要な情報が短時間で手に入ります。

 

その結果、毎日本を購入しても余裕あるぐらいの収入を手に入れることは出来るようになるのではないでしょうか。

 

本を買いすぎて貧乏になった人はいません。

 

そもそも、趣味で本を読むのなら別ですが、自分を変える目標がある人が、あまり自分が求めていないような内容を延々と読み続けるほど時間の無駄はないと思いませんか。

 

このように、毎日の読書時間は限られた時間内の中で行っていくしかありません。

 

その時間は、せいぜい30分から1時間が限界になりますが、中身の濃い読書をするためには、重要な部分である2割を見極めて読むことが大事になります。 

 

本を読まれる方は、よく目にすると思いますが、偉大な日本人の名言は心に響きますよね!

 

名言もあなたを変えるきっかけになってくれることでしょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

スポンサーリンク


関連ページ

自分を変える言葉-偉大な日本人の名言を5つ紹介
偉大な日本人は、様々な名言を残しています。言葉の中に私たちが自分を変えるために大切なことが示されています。今回は、自分を変えたいと考えている方におすすめな5つの名言を紹介します。
新しいアイデア出しの手法を教えます | 仕事ができる人になる!
創造的な仕事をしていると、新しいアイデアをどんどん出していかないといけません。全くなにも思いつかないこともあるでしょう。悩んでいるあなたのために今回は、アイデア出しの手法をご紹介します。
自分を変えるためにこの本を読むといい!絶対おすすめな3冊
たくさんある本の中から、自分を変えてくれるような本を見つけるのは難しいことです。どれを読もうか悩んでいる方のために、今回は、自分を変えるためにおすすめな厳選した3冊を紹介します。
自分を変えるための手帳の書き方 | 目標を書いて達成する!
できる人が必ず持っている物の中に、手帳があります。忙しいから持っているのではありません。目標を書いて、毎日見て再確認するためです。自分を変えるために手帳はとても効果が高いアイテムです。